やっぱ音楽って・・・

阿佐ヶ谷ロマンティクスを聴きながら、暖かい春が来るのを待ち望む日々

今日のオススメ音楽。1/24のまさに今日1stアルバム「虹の色」をリリースする阿佐ヶ谷ロマンティクス。大阪でも雪が舞い散る今日この頃、気持ちがじんわり暖かくなる癒し系。

阿佐ヶ谷ロマンティクス/所縁

まず東京在住ではない我々にとって阿佐ヶ谷がどんなところか確認しなければなりますまい。

ふむふむ、荻窪の手前、中央線沿線か。これでもう8割がた、どんなバンドか分かったようなもんです。

阿佐ヶ谷ロマンティクスは男女5人組で2014年結成。みんな若いよなあ。最近は男女混合が普通になってきて、男だけっていうのも少なくなってきた。

4つ打ち系の打ち込みサウンドが全盛の昨今。こういうゆったりしたバンドも途絶えずには生存してきました。そろそろこういう生を大事にするバンドの波が来てもいいかあとは思ってます。

だいたい、この手のバンドの紹介をするときにはかなりの割合で”はっぴいえんど“が登場しますが、間違いないですもんね。間違いなくはっぴいえんど直接か、少なくともはっぴいえんどに影響を受けたバンドの影響を受けてる。はずしのないキーワードですよ。

阿佐ヶ谷ロマンティクスはそこに加えてスカレゲエカリプソの要素が加味されるのが特徴。このスカ、レゲエっていうのも一時期猫も杓子も時代がありましたけど、今はそうでもなく、でもさりげなく取り入れてるバンドが多い。

この辺、昨今の若者達は上手いこと消化してます。僕らおっさんがやるとどうしても”レゲエやってます!!”ってサウンドになるけど。

個人的には、ギターの擦れる音とか生々しい音を大事にしているところに好感が持てました。こういう音楽って、ときどき無性に聴きたくなるときがあるので困ったもんです。別に困らなくていいけど。

URL :
TRACKBACK URL :

*
*
* (公開されません)