やっぱ音楽って・・・

mono no aware「井戸育ち」の歌詞が良い、ではなく凄いのにびっくり

mono no awareというバンド、油断してたんですが凄くいいことが分かってビックリ。

サウンド的にはストレートな真っ直ぐパンクロック系。ちょっとゆるめの。サウンドも凄くいいんです。

ですが。歌詞が凄い。良いというレベルではなく、凄い。

mono no aware – 井戸育ち

ぜひ、MV観てみてください。音楽、MVといっしょにみると味わい深い。歌詞も右に流れるのでしっかり読めます。

mono no aware (もののあわれ)というバンド名がすでに詩的。4人組ギターポップバンド、と仕分けられることが多い。

最近良く取り上げるシティポップのくくりにいれられることもなくはないが、ちょっとサウンドの肌触りが違う。ゆるさからいうとフォークロックと言えなくもない。

というか、ネオアコですな。

90年代にイギリスで一大ムーブメントになったネオアコ。フリッパーズギターも元々はネオアコの文脈からでてきたアーティストでした。そういえば。あの頃はなんだかブリティッシュ一辺倒でしたな。マンチェスターサウンドとか、あの頃のイギリス系の香りがする、mono no awareは。

そしてそして、歌詞ですよ。特にこの「井戸育ち」。タイトルからしていい感じですが、内容がまたいい。海外行った彼女と蛙なんて、完全に脈絡がないのに、タイトルが「井戸育ち」ときたもんで「あー、なるほど」、と納得。

すべてがつながった。MVも。

海外遠征に行ったときの映像を、何の脈絡もなく流してると思いきや・・・。

日本語の並べ方も素晴らしい。韻も絶妙に踏んでるし。

アルバム「人生、山折り、谷折り」が3/2発売になります。このタイトルも詩的だ。

全曲歌詞に大注目せざるをえない。

その中でも収録曲「me to me」が、4月からのアニメのエンディング曲になるようです。テレビ東京系列放送の「世界の闇図鑑」(日曜深夜放送)。

このアニメのタイトルが非常に気になる・・・。まだ詳しい情報がないですね。謎の番組ですが、こちらもおおいに興味をそそられます。

URL :
TRACKBACK URL :

*
*
* (公開されません)

おすすめ音楽

さらに詳しく→

DTMやってます

さらに詳しく→

あの曲の元ネタを探せ!

さらに詳しく→

このテレビが面白い!

さらに詳しく→