De La Soul / Roller Skating Jam Named “Saturdays”

roller-skating-1022952_600

今日のオススメの1曲、前回はA Tribe Called Questを取り上げたので、(前回の記事→)
今回はDe La Soul。何にしようかなと思ったんですが、やっぱりPOPでキャッチーなこの曲。

De La Soul / Roller Skating Jam Named “Saturdays”

1991年リリースの名盤『De La Soul Is Dead』に収録された1曲。心地良い曲で、ずっと聴いていたい感じですね。この頃からラップの曲に歌ものというか、メロディーな要素を入れ込んできてたような曲が増えてきたような気がします。あくまで自分の印象ですが。

今気がついたんですけど、おすすめ音楽でHipHopをとりあげると、すべからく「元ネタを探せ」案件になってしまう。まあ自分が知ってる範囲で「元ネタ」も探しましょう。

この曲も当然元ネタというか、サンプリングされた素材があります。それが以下の3曲。

Instant Funk / I got My Mind Made Up

Mighty Ryeders / Evil Vibrations

Chicago / Saturday in the Park

ChicagoのSaturday in the Parkは元ネタというか、モチーフ的に使われてます。タイトルがRoller Skating Jam Named “Saturdays”ですしね。全体のベースはMighty RyedersのEvil Vibrationですね。これまたこの曲がもともとプロモ盤しか作成されていない超レアなものらしんですが、この曲で使われて一気に陽の目をみました。僕もなんかのコンピレーションにはいってて、よく聴いてたので、もはやレアって感じはしません。

この曲あたりから、ラップ/ヒップホップがどんどんポップになっていった気がします。そしてアメリカではMCハマー、日本ではEAST END×YURI/DA.YO.NE.あたりで一気に爆発して一気に市民権を得ます。もうすごかったですね。猫も杓子もラップ状態。当時(90年代後半あたり)のヒット曲を聴くと、かなりの確率で曲の途中がなぜか突然ラップになってる曲に遭遇します。

そういうのはさておいて、このDe La Soul / Roller Skating Jam Named “Saturdays”は今聴いても全く古さを感じないですね。久しぶりに聴いたんですけど、思ってたよりドラムとかリズムがタイトでいい。相変わらずエバーグリーンな輝きを放ってます。

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このブログの人 :keinoji

keinoji_pic

もともと音楽好きですが、何故か、
ふいにDTMをはじめてみました。
これを機にもう一度音楽を見つめなおしてたところ
・・・やっぱり音楽って素晴らしい!
って思ってブログにしてみました。
と言いながら音楽以外のことも書いている、
ただのおっさんの日記です。

→詳しいプロフィールはこちら

内容に関するお問い合わせなどはこちらのメールフォームからお送りください。
→けいのじへのメール

ランキング参加しています↓
よろしければプチッと応援お願いします。
にほんブログ村 音楽ブログへ