バッキバキのデジタル系で曲を作ろうと思ったんですが

digitalsound_600

今日は久しぶりのDTMネタ。初心者DTMの進行具合です。ぼちぼちDTMで曲を作り始めているのですが、案の定というか、そうすんなりと事は運ばない訳でして。

デジタルに憧れて

そもそもは、昨今のDAWやらで扱ってる音が、デジタルのくせに生楽器となんの遜色もなく聞こえるという、あまりの音の良さに感動してた節があります。それがDTMを始めた大きなきっかけにもなっていることはいなめません。

しかもプロが使うバカ高いソフトだけじゃなく、MacにただでついてくるGrage Bandのようなソフトの音もすごくいいですね。一昔前の「ザ・打ち込み」って感じじゃない。これならほんと一人で曲つくれちゃうなっていう。

この音の良さっていうのは、あくまでも今までになじんできたドラムだったり、ベースだったり、ギターだったり、ピアノオルガンエレピだったり、要するに生楽器なんですよね。ホーンとかストリングスとかもですけど。なので、当然こういった生楽器を駆使した曲をつくるものとばかり思ってました。自分でも。

しかし、フリーのDAWソフトであるStudio one 3 Primeを触っている内に、やっぱりデジタルで作るんだからデジタル系の曲を作りたい!っていう思いがふつふつと湧いてきました。

やっぱりね、YMOのはるか昔からデジタルに対する憧れはあるわけです。中学生の頃、レンタルレコード屋で(!!CDじゃないですよ)友達連中がブルーハーツやらRCサクセションやら借りてきた中で、自分は坂本龍一のソロアルバムを借りてきて思いっきりバカにされたぐらいですからね。

そんな過去がありつつ、最近のデジタルロックEDMをガシガシ聴いてきた中で、デジタルサウンド作ってみたいという思いもでてくるんですよね。なので、生楽器のリアルさに感動したはずがいつの間にか、まずはデジタル系サウンドでつくってみようというふううに変わってきました。

デジタルサウンドの壁

そういう経緯もありつつ、生楽器系の音はとりあえずおいといて、デジタル系のサウンドでデジタルな曲を作ろうとしたんですが、ここでもまたもや大きな壁にぶち当たることになります。どんな壁かといいますと。

音の名前が分からない

という壁です。

例えば、あの曲のあのウィーーーンっていう音を使いたいと思っても、どの音なのか分からない訳です。どういう分類なのかも分からない。多分、SynthEffectみたいなところ探せばあるんだろうけど、名前が分からないから一個一個探さないといけない。しかも探してもあるとも限らない。どれかを加工した音かも知れないですし。

これが生楽器系の音なら、聴いてどの楽器か分かるし、音の名前をみたらだいたいどんな音か想像がつきます。そこはDTMを始めるにあたっての、自分のアドバンテージかな。まったくの初心者じゃないっていう。

しかし、デジタルはさっぱり分からないんですよ。一応こういう音を使いたいっていうイメージはあるんですけど、それがどの音か見つけられない。そして結局、時間がかかってしまう。

ああ、なかなか一曲が仕上がらない・・・。

もちろん、曲が仕上がらないのは音選び以外にも問題はあるんですが。
とりあえず、もっと音を探し回らないでいいように、そしてもっと早く音選びができるようになんか工夫はするつもりです。

それにしても、なんにしてもデジタル系の音はもっと勉強が必要だな。

まずはやっぱり生楽器系で一曲作りますか・・・。

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このブログの人 :keinoji

keinoji_pic

もともと音楽好きですが、何故か、
ふいにDTMをはじめてみました。
これを機にもう一度音楽を見つめなおしてたところ
・・・やっぱり音楽って素晴らしい!
って思ってブログにしてみました。
と言いながら音楽以外のことも書いている、
ただのおっさんの日記です。

→詳しいプロフィールはこちら

内容に関するお問い合わせなどはこちらのメールフォームからお送りください。
→けいのじへのメール

ランキング参加しています↓
よろしければプチッと応援お願いします。
にほんブログ村 音楽ブログへ