家事代行サービスDMM Okanのネーミングセンスにぶっ飛んだ話

kitchen

ゲーム、ビデオ、ネット通販から証券業務まで幅広く取り扱うDMM.comが、家事代行サービスを開始するらしい。その名も

DMM Okan(オカン)

おかん?母?なぜ横文字?なんなんだこのネーミングのセンス。おそらくメインターゲットを20代の単身男性に設定というところでのこのネーミングでしょうか。

似たようなネーミングセンスで居酒屋 「かっぽうぎ」っていうのもありましたね。それに近いセンスを感じますが、DMMで「おかん」っていうと違うものを想像したりしませんか、男性の皆さん。

DMM Okan 公式ホームページ
https://okan.dmm.com/

キーワードはズバリ、手軽さでしょう。使う方も働く方も。

DMM Okanの特徴はいままで電話や対面で行っていた依頼、見積もり、支払いなどの煩わしい作業が、全てスマホなどからアプリで簡単に行えるということ。

依頼者がアプリ上で料理、洗濯、掃除などを条件を含めて依頼、それを「Okan」こと家事代行スタッフが自分の出来る業務を選択する。

ポイントは家事代行スタッフがこれまでのダスキンのようなプロフェッショナルではなく、普通の「おかん」であるということ。日常の家事程度の作業を空いたほんのちょっとの時間に行うということか。少数の精鋭スタッフが数多くの依頼をこなしていくのではなく、多数の登録「おかん」が自分に合いそうな案件を見つけてすきま時間にこずかい稼ぎをするようなものでしょう。

これはどちらかというと、ある意味マッチングサービスに近いのでは。出会い系のような。
だとしたらDMM.comにとってはお得意ってことなのかな。

12/14からサービス開始。それに先だって11/1から「Okan」家事代行スタッフの募集を始めています。利用料金は3,600円(1.5時間)から。

折しもAmazonがアメリカでPrime会員向けに、無料の家事代行サービスを始めると発表しました。
日本では家事代行サービスをきっかけに恋が始まるドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」が、話題沸騰、人気急上昇。ガッキー(新垣結衣)が家事代行スタッフとして派遣されるところから始まるので、「家事代行」に注目が集まったばかり。

まあ、偶然のニアミスでしょうね。じゃなかったらOkanなんて名前にしないでしょ。

見ず知らずの人に留守宅を託せるのか、とか、人間関係のトラブルとか、出会い系にシステムが似ている気がするとか、余計な心配をしてしまいます。

その辺はDMMが今まで蓄積した評価システムが活きてくるんでしょう。利用者はスタッフの評価で人柄を判断し、利用する。Amazonが家事代行サービスに乗り出すのも、この評価システムが大きいと思います。

出会い系は言い過ぎかな。どちらかというとカーシェアとか、みん泊とかのコンセプト、システムに近いのかも。どのサービスも利用者の良識がポイントになってきますが。

もしかしたら、時代の波に乗ってるかも知れませんね。今後の展開が楽しみです。

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このブログの人 :keinoji

keinoji_pic

もともと音楽好きですが、何故か、
ふいにDTMをはじめてみました。
これを機にもう一度音楽を見つめなおしてたところ
・・・やっぱり音楽って素晴らしい!
って思ってブログにしてみました。
と言いながら音楽以外のことも書いている、
ただのおっさんの日記です。

→詳しいプロフィールはこちら

内容に関するお問い合わせなどはこちらのメールフォームからお送りください。
→けいのじへのメール

ランキング参加しています↓
よろしければプチッと応援お願いします。
にほんブログ村 音楽ブログへ