やっぱ音楽って・・・

清竜人がアイドルの次に仕掛けるリスナー参加型プロジェクト「Town」と刺青とモヒカンと

まったく、清竜人という人はどこまでも人を振り回してくれる。前代未聞の一夫多妻制アイドルで、僕らの度肝を抜いたかと思うと今度はリスナーが楽曲制作に参加するプロジェクトを始めるようだ。

清竜人 新プロジェクト「Town」公式ホームページ→

ライブチケットは無料。観客は見るだけでもいいし、歌ってもいいし、楽器を演奏してもいい。
コンセプトは「なあ、俺とバンド組まへんか」

そうきたか。

一夫多妻制アイドル、清竜人25の解散が先日発表されて、
http://www.yappaon.net/kiyosi_kaisan

ここはしばらく充電期間だろうという凡人の浅はかな想像を軽く越えて、まだ清竜人25の活動が終わってないのに、次の活動の告知をするという暴挙に出た。

しかも、このアー写(アーティスト写真)→見る

真っ赤なモヒカンに、ずいぶんご立派な刺青して、お尻見せとりますがな。

眉もないし・・・。

らしい。とても清竜人らしくて納得。やっぱり予想を越える行動に出ましたね。というか予想する暇も与えてくれない。

こんな突飛な行動ばかりする清竜人君ですが、それでもすべての行動に一貫したものを感じます。

この新しいプロジェクトに付けられた名前は「Town」
直筆のメッセージと共に、「Town」に向けた新曲「それでいい!それがいい!」が無料ダウンロード開始。これから毎週日曜に1曲づつ公開されるようなので、要チェック。

メンバー(観客)に向けて、予習しといてねっていうことらしい。

この「それでいい!それがいい!」が、今までのアイドルポップスとは180度違ったパンク。ああ、なるほど。

こんな具合に清竜人という人は、どんなジャンルの楽曲も作れる能力がありながら、どの曲も余裕で作った感じがしない。どの曲も必死さが伝わってくる。ギリギリで作った感じがする。

とか。

メディアで見せるやる気の無さとは裏腹に、こうやって休むことなく次々と新しいことを始めていくとか。そんな二面性が魅力ではあります。でも、凡人から見ると全力を越えて取り組んでいるように見えるので、いつか爆発して灰にならないか、ハラハラして見てます。

今、時代は不確実性を求めていると感じてます。プロデューサーが全てを決めるのではなく、AKBが総選挙やじゃんけんをするのはそういう事かなと思います。それが政治にも表れているように感じるのは、それはそれで厄介ですが。

アイドルよりさらに不確実な一般人(リスナー)を手にした清竜人の今後に目が離せません。

URL :
TRACKBACK URL :

*
*
* (公開されません)

おすすめ音楽

さらに詳しく→

DTMやってます

さらに詳しく→

あの曲の元ネタを探せ!

さらに詳しく→

このテレビが面白い!

さらに詳しく→