「昔話法廷」浦島太郎はゲスなのか、NHK教育で判決を考えよう

judge-620008_600

「ねほりんぱほりん」に衝撃を受けて以来、NHK教育テレビ(Eテレ)を見直し中のkeinojiです。

今回発見したのは、2015年放送の「昔話法廷」です。おとぎ話で有名な3匹のこぶた末っ子こぶたが殺人?竜宮城の乙姫が殺人未遂?しかも妊娠?アリが保護責任者遺棄致死罪?と昔話らしからぬ物騒な言葉が飛び交うこの番組。

NHK教育テレビの暴走っぷりがすさまじい「ねほりんぱほりん」について

どんな番組かというと、身近な話題を通して裁判員制度について、もし自分が裁判員になったらという視点で考えてもらおうというもの。

再放送を期待してしまいますが、この番組はなんと、今でもホームページ上で全話動画が見れます。→

主人公は裁判員制でその裁判に選ばれた一般人という設定。それぞれ検察弁護士がどれも判決が出る前で番組が終わります。判決については視聴者の方で考えてもらおう、というコンセプト。
どうやら、小中学生向けの教材として公開されているようですが。

これ小学生の考える内容か?乙姫妊娠してるんですよ!?

大人でも判断の迷う内容ばかり。新たな事実が出て来ても、状況証拠や目撃者の証言が示されるだけで事実は明かされません。実際の裁判もそうなんでしょう。果たしてその証拠や証言は100%信じていいのか?改めて裁判員の難しさを考えさせられます。

アリとキリギリスのキリギリスが遊んでいたわけではなく、ミュージシャンとして活動してて、その年はたまたま実入りが少なかったとか、浦島太郎と乙姫の色恋沙汰とか、元の話にリアルな色づけをしているのも面白い。

キャストもNHKらしく絶妙なバランスです。元AKB48の光宗薫さんとかね。ホームページでは一般人役のキャストが下した判決が見ることができます。

あと登場人物の造形にも注目です。おとぎ話だけにブタとかオオカミとか動物も登場するのですが、その動物達は着ぐるみで登場します。しかもそれがかわいい系の着ぐるみではなく、妙にリアルになってます。アリとかまるで仮面ライダーの適役みたいな感じ。それが真剣な裁判の場面に出てくるので、非常にシュールな空気を醸し出してます。

ここ、必見ですね。

こういうNHK教育テレビ(Eテレ)のふざけてるんだか真面目なんだか分からないところ、大好きです。

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このブログの人 :keinoji

keinoji_pic

もともと音楽好きですが、何故か、
ふいにDTMをはじめてみました。
これを機にもう一度音楽を見つめなおしてたところ
・・・やっぱり音楽って素晴らしい!
って思ってブログにしてみました。
と言いながら音楽以外のことも書いている、
ただのおっさんの日記です。

→詳しいプロフィールはこちら

内容に関するお問い合わせなどはこちらのメールフォームからお送りください。
→けいのじへのメール

ランキング参加しています↓
よろしければプチッと応援お願いします。
にほんブログ村 音楽ブログへ