中田ヤスタカ /NANIMONO (feat. 米津玄師)

piano-225492_600

中田ヤスタカ先生、相変わらずお忙しそうで。今度は映画のサントラですか。映画の主題歌なのにMVで中田ヤスタカ先生がたっぷり見れるのがうれしい。機材とかも結構映ったりして。

中田ヤスタカ /NANIMONO (feat. 米津玄師)

がしがしデジタルの人なんだけど、Perfumeの頃から生楽器の使い方がうまいなあと思ってました。今回もピアノの音がいいですね。どんどん音色に磨きがかかってきてる気がする。

中田ヤスタカ先生はあまりメディアに登場する人じゃないので、こうやって映像でたっぷり見れるのは珍しい気がします。ちらっとDTM作業中の様子も見えたりして、M-Audioのキーボード使ってるんだとか。

米津元帥は字面から、奇妙礼太郎的な人かと思ってたんですけど、随分印象が違った。シュッとした今っぽい人だった。しかも読み方が「よねづげんすい」ではなくて「よねづけんし」だったんですね。が、しかし、調べてみると元ボカロPということではないですか。(ボカロPとはDTMで楽曲を作成する際、ボーカルパートをボーカロイドと呼ばれるコンピューター音声でまかなう人々。ボーカロイドに歌わせるのでボーカロイドプロデューサーといわれ、ボカロPはその略。)

“ハチ”という名前でニコニコ動画などに、楽曲を公開して、多い曲で700万回の再生回数を誇る人気者だったらしい。

その割に、自分で唄ったり(この曲もボーカリストとしてフィーチャーされている)、なんだかつかみどころのない人ですが、天才であることには間違いないっぽいです。天才×天才というところですか。

↓こちらにいろんな音楽ブログあります。
にほんブログ村 音楽ブログへ

映画「何者」は予告編を見る限りでは、最近の人気若手俳優を多用した青春恋愛ものかと思ったんですけど、原作が「桐島部活やめるってよ」朝井リュウ、監督が「愛の渦」の三浦大輔ということで、普通では終わらなさそう。原作は”就活ホラー”という名称で話題になってました。予告編はテラスハウスっぽいんですけどねー。

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このブログの人 :keinoji

keinoji_pic

もともと音楽好きですが、何故か、
ふいにDTMをはじめてみました。
これを機にもう一度音楽を見つめなおしてたところ
・・・やっぱり音楽って素晴らしい!
って思ってブログにしてみました。
と言いながら音楽以外のことも書いている、
ただのおっさんの日記です。

→詳しいプロフィールはこちら

内容に関するお問い合わせなどはこちらのメールフォームからお送りください。
→けいのじへのメール

ランキング参加しています↓
よろしければプチッと応援お願いします。
にほんブログ村 音楽ブログへ