やっぱ音楽って・・・

ショートケーキが徐々に本来の意味から外れていっている気がする

ショートケーキが徐々に本来の意味から外れていっている気がする

そろそろクリスマスも近づいてきた今日この頃。今年はあまりクリスマスの盛り上がりが、いまいちパッとしないような気が・・・

24日(土)、25日(日)という最高の組み合わせなのに。

ということはさておいて、皆さんはショートケーキというとどういうのを想像しますか。

keinojiはこれです。

スポンジ生地と生クリームを何層か重ねて表面を生クリームで塗りたくり、ちょこんとイチゴをのっけたやつ。

ところがどうも人によって認識が違うようで、こんな風にカットしたやつ

つまり

とか、

も”ショートケーキ”と呼んでる人がいると知ってびっくり。つまりはカットされた一人用のケーキですね。

会社での話なんですが、仕事で使うケーキの写真について営業の人と議論してた時のことです。最初に用意してたのはホールのショートケーキの写真。

これ

それを見て営業さんいわく
「そんなんじゃなくてショートケーキの写真が欲しいんですよ。」

僕「???」

そう、営業さんが言いたかったのはホールじゃなくてカットされたケーキってこと。

そもそも「ショートケーキ」自体、和製英語だし、定義自体もあいまい。似たような形状のケーキをあえて英語でいうなら「レイヤードケーキ(Layerd cake)らしい。

アメリカにも「ショートケーキ」があるにはあるが、使っているのがスポンジ生地ではなく「ビスケット」と呼ばれるパンとケーキの中間のようなもの。

フランスでの「ショートケーキ」はさらに違ってて、アーモンドペースとの入ったしっとりした生地。つなぎや外側も生クリームだけではないようだ。

日本でのショートケーキの起源には諸説あるようですが、不二家が絡んでることは間違いないようだ。

で、「ショートケーキ」の名前の由来ですが、これも諸説ありまして、

1、前述アメリカのショートケークからとった説

2、イギリスのショートブレッドに由来する説

3、短い(ショート)時間で作れるから説

4、日持ちしないから説

5、もろい、サクサクしたという英語の「short」の意味から説

6、ショートニングを使うから説

Wikipedia調べ
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%AD

とまあ、いろいろありますが、そもそも1人用のカットされたケーキを「ショートケーキ」と呼ぶのではないということは確かかと。

前述のWikipediaにも書いているのですが、

その原義には小さいケーキ(カットケーキ)という意味は含まれていない(丸型の大きなデコレーションケーキも含まれる)が、一般に誤解している人も少なくない。

同じく、ショートケーキ-Wikipediaより
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%AD

という訳で決着。

と思いきや。

皆様ご存じの製パン・菓子大手ヤマザキのホームページに不穏な動きが・・・

山崎製パン、2016年クリスマスケーキのページ→

ショートケーキの項目をクリックすると

ええっ

ええええっ

つまりは天下のヤマザキが、1人用もしくは2、3人用のケーキをショートケーキとジャンル分けしちゃってるってことです。それだけ、1人用のケーキを「ショートケーキ」と思ってる人が多いってことでしょうねえ。

このまま、もしかしたら世の中的に「ショートケーキ」=一人用のケーキになってしまうかも知れませんねえ。

ちなみに毎月22日は「ショートケーキの日」。カレンダーで見ると、22日の上に15(イチゴ)日がのってるからだそうだ・・・

URL :
TRACKBACK URL :

*
*
* (公開されません)

おすすめ音楽

さらに詳しく→

DTMやってます

さらに詳しく→

あの曲の元ネタを探せ!

さらに詳しく→

このテレビが面白い!

さらに詳しく→