とにかくStudio One 3 Primeをたちあげてみる

button-160595_600

まあ、何はともあれStudio one 3 Primeを立ち上げて、曲を作ってみよう。
おっとその前に。これ、デモ音源があるんですよね。

とりえあず聞いてみる。
最初の画面の右側にデモとチュートリアルという項目があってその中にStudio oneで作ったデモ音源があります。

しかし、なんか普通のデモ音源の感じじゃないなあ。日本語対応ではあるんですが、こういう細かいとこは英語のまま。多分アーティストの作成した音源を順次アップしていってるみたい。ニュースみたいなリリース情報みたいな中にデモ音源が潜んでます。

めげずにデモ音源聴いて見ます。するとえらいことになってるトラックデータが。Studio oneでこんな曲作れるんだと自然と気分が上がります。他の人が作ったデータ(しかもプロ)がみれるのはありがたい。ドラムのシンバルとかスネアとかバラバラのトラックでつくってるんだなあとか。ま、ほとんどが外部録音っぽいですけどね。

気を取り直して、続けます。新規ソングを立ち上げ、とか保存した曲とか立ち上げます。

まずはメトロノームですかね。下のところにあります。いろいろ設定もできます。とりあえずこいつを鳴らしといて、音を入れていきます。

左のインストゥルメントというところにいろんな音があります。ドラムとかベースとかキーボードとかギターとか。まずはドラムかな。

ドラム・・・種類が多い・・・多分一番上のBasic Kitっていうのが、基本的なドラムらしいので、これをまずは入れてみます。入れるのは簡単。このBasic kitっていうのをマウスでぐいっとつかんで、一番右のがらーんと空いたところにドラッグします。

すると、こんな画面が、、、

うーん、難しそう。ま、いろいろ設定できるってことですな。この中身そのうち分かるようになるんだろうか。またいろいろ試してみよう。

このようにキーボードが現れるので、鍵盤をそれぞれ押すと音がでます。

この時点ですでに感動。時代についていけてないアナログな人間なもので・・・
それぞれの音を鉛筆のアイコン使って書き込んでいくわけですね。なので和音(同時に音が鳴る)も可能(当たり前)

もうすでにお分かりかとは思いますが、自分はほんとに初心者でアナログです。なので習得のスピードはそうとう遅いと思われます。
・そこからどうやってこのStudio one 3のフリー版を攻略するか。
・そしてワンアップして有料版を始めることができるのか。
・PCをデスクトップのものにパワーアップとかも今後あるのか。

など、自分としては目が離せないけど、皆さんにとってはどうでもいい問題が目白押しです。さて、どうなるんだろうか・・・。

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このブログの人 :keinoji

keinoji_pic

もともと音楽好きですが、何故か、
ふいにDTMをはじめてみました。
これを機にもう一度音楽を見つめなおしてたところ
・・・やっぱり音楽って素晴らしい!
って思ってブログにしてみました。
と言いながら音楽以外のことも書いている、
ただのおっさんの日記です。

→詳しいプロフィールはこちら

内容に関するお問い合わせなどはこちらのメールフォームからお送りください。
→けいのじへのメール

ランキング参加しています↓
よろしければプチッと応援お願いします。
にほんブログ村 音楽ブログへ