やっぱ音楽って・・・

「フートボールの時間」、感想と写真の笑顔について想うこと

やっと、録画してたのを見る時間ができた、前回記事の「フートボールの時間」。前評判がよいものは期待がでかすぎてダメなことが多いけど、これは違った。たかだか高校生の、アマチュアの演劇なのに。

続きを読む

「フートボールの時間」日本初大正時代の女子サッカーと現代の高校演劇の二つの青春

ついに神回登場。そう思わせるにふさわしい内容だった。9/5放送のアフター6ジャンクション、8時台からの特集「高校演劇特集」。ゲストは大林宣彦監督のような大物ではなく、TBSの澤田記者。そこで一押しされていたのが香川県立丸亀高等学校演劇部の「フートボールの時間」です。

続きを読む

巷で大好評の映画「ラ・ラ・ランド」を見るべきではない2つのタイプの人々とは

どうしたことだろうか。アカデミー賞で話題を振り撒き、巷で大評判の映画「ラ・ラ・ランド」がまったく自分には刺さらなかった。他の人が同じような事態に原因と対策を考えてみようと思う。 続きを読む

みんな大好き魅惑の「ダチーチーチ」特集が最高だったウィークエンドシャッフル

1/14放送のTBSラジオウィークエンドシャッフルさいっこう、でした。魅惑の「ダチーチーチ」特集。あんな「ダチーチーチ」やこんな「ダチーチーチ」もてんこ盛り。その上に生ダチーチーチまで!!悶絶するやないですか。

ところで、ダチーチーチって何? 続きを読む

「この世界の片隅に」上映館の少なさにも負けず観に行くべき理由を自分の感想と評価を述べる

11/23日に立ち見で観て以来、自分の中で反芻し続けている「この世界の片隅に」。1度ブログにはしたためましたが、もう少し書きたい気持ちを抑えることができません。

とにかく、まずは観ていただきたいなあと思うので、まずは上映館を確認してみましょう。 続きを読む

「この世界の片隅に」を観てきた感想をネタバレなしで

まず、まだ「この世界の片隅に」をまだ見てなくて、見ようかどうしようかなあと思っている人は、このブログを閉じて映画館に行くなり、チケットを手に入れたりして、今すぐ映画を見に行ってください。それが当ブログの結論です。

とにかく見てください。 続きを読む

「何者」は世代を越えて刺さる映画

「君の名は」の横でひっそり上映されている「何者」見てきました。

正直いうと、まだ自分の中ではまとめきれずにいます。それは主人公拓人と自分が重なり過ぎているからかもしれない。

しかし、「何者」が扱ったテーマはどんな人にも共通するものだと思います。舞台が就活で、道具がSNSというだけで、この2つに無縁な人にも確実に刺さるもの。

それが最初に突きつけられるのが、多くの場合就活であり、SNSによって表面化するメディアが増えただけ。 続きを読む

radikoプレミアムに加入、エリアフリーとタイムフリーで地域外の放送を後で聴けて大感激

ついについにradikoプレミアムに入会しました。しかもタイミング良くタイムフリー機能も始まり、地域外の放送聴きたい時(聴ける時)に聴くことができるようになりました。これでタマフルを思いっきり聴くことができます。

radikoプレミアムとは

パソコンスマートフォン民放ラジオが聴ける便利なサービスがradikoです。基本的には無料のサービスで、普通にホームページを開いて聴いたり、アプリをダウンロードして聴いたりします。 続きを読む

10/22ウィークエンドシャッフル特集「80sポップスとは・・・」を聴いて

10/22放送、TBSラジオ ライムスター宇多丸のウィークエンドシャッフル(タマフル)は非常に濃い内容でした。ノーナリーブス西寺郷太師を迎えての80sポップス特集。

昨今、国内・国外問わず音楽業界に80年代のトレンドを感じてるkeinojiとしては聞き逃すわけにはいけません。80年代実体験者ですしね。

10/22の放送をTBSラジオクラウドで聴く→

いやー、随分ためになる特集でした。意外な発見もあったりして。 続きを読む