やっぱ音楽って・・・

DTMを始めるために~PC編2 容量拡張大作戦

さて、8インチのWindowsタブレットLenovo miix 2 8を使ってDTMをすることに決めた訳ですが、
Lenovoに決めた時の記事→

まずは一番の問題点、容量の少なさをなんとかしなければいけません。

なんてったってHDの容量が32Gですから。すでに1Gぐらいしか空いてません。

幸いにもmiixにはMicro SDのスロットがあります(というかそれしかありません)。Micro SDにガンガン、アプリを入れれるようになれば、使い道がグッと広がります。

しかしながら、外部記憶容量であるMicro SDには本来アプリはインストールできません。

では、どうするか。

調べてみると3つほど方法がありました。

1、VHD(バーチャルハードディスク)を使う

2、シンボリックリンクを使う

3、ジャンクション機能を使う

これは実は事後記事なのですが、自分はどうやら、3のジャンクション機能を使ったみたいです。

こちらのサイトを参考にしました。
http://funlike.org/wp/archives/11693

しかし、VHDはいいとして、シンボリックリンクとジャンクション機能は違いが良く分からないなあ。

その辺の違いについては下記ページで詳しく検証されてます。
http://d.hatena.ne.jp/adsaria/touch/20100712/1278930723

ジャンクション機能のほうが使いやすいってことかな?

ちなみにVHDの方が、使える容量が多かったり、ややこしいパスの問題が無さそうですが、立ち上げる度にマウントしないといけないとかあるみたいです。一長一短ですね。

で、自分が使用した(と思われる)ジャンクション機能の手順を簡単に記しておくと

・Micro SDをNTFS形式でフォーマットする。

・ドライブCに空フォルダを作る

・コンピュータを右クリックして出てくる「管理」➡「記憶域」➡「ディスクの管理」

・ボリュームがずらっと出てくるので「D:」(Micro SD)を右クリック

・「ドライブ文字とパスの変更」➡「追加」➡「次の空のNTFSフォルダにマウントする」と進む

・最初に作った空フォルダを選んで、名前をつけて保存。

以上。

ふう。

上記手順は全て、Funlikeさんのページを参照しました。
http://funlike.org/wp/archives/11693

とりあえず何個かインストールしてみて気づいたのは、いつものProgram filesとは違って、予めフォルダを作っといてやらないといけないことか、どうしても「C:」にしかインストールされないものがあるとか。

ddrive
こんな感じに「:D」がmicroSDの形になってます。microは自分でつけた任意の名前です。「:C」の中に作った空フォルダも同じmicroSDマークになってます。
さっそく、Studio one primeを入れたんですけど、だいぶ容量ができました。

一応、今のところStudio one primeを入れて使えてます。基本的に容量の少ないタブレットをハードに使うには、必須科目じゃないでしょうか。

もし、最悪おかしくなったらWindows10て入れ直すことってできるんでしょうか。

おすすめ音楽

さらに詳しく→

DTMやってます

さらに詳しく→

あの曲の元ネタを探せ!

さらに詳しく→

このテレビが面白い!

さらに詳しく→