やっぱ音楽って・・・

「ストップ!恋愛 ゼッタイダメ」NHKが恋愛の恐ろしさを啓発したYouTube動画が話題に

最近、驚愕の人形劇「ねほりんぱほりん」を始めとして、調子づいてるNHKですが、なぜか、とちくるってこんな動画まで作ってしまったようです。

「ストップ!恋愛 ゼッタイダメ」YouTube動画はこちら→

衝撃の「ねほりんぱほりん」について詳しくはこちら→

衝撃の人形劇「ねほりんぱほりん」をYouTube動画で確認してみる

若者に蔓延する、恋愛の恐ろしさを啓蒙するらしい。

どうもNHKが制作したのではなく、「ネットで決戦!#(笑)動画作ってみた」というNHK独自の応募企画のひとつらしい。

5作品ノミネートされたうちのひとつ。

言うまでもなく、麻薬防止キャンペーンをもじった内容で、麻薬じゃなく、恋愛の弊害を説いてます。

もちろん、強引なほぼ強引なこじつけで、笑えるものなんですが、映画のパロディを挟み込んだりしてて見ごたえがあります。思わずつっこんじゃいますが。

NHKの教養番組を意識して、かつチープな3次元キャラクターもいい感じを醸し出してる。

この動画を制作したのは、広告クリエイターの藤井亮さん。滋賀県の依頼で制作した「石田三成CM」が話題になった人。「石田三成CM」もシュールで笑えるので必見です。

「ネットで決戦!#(笑)動画作ってみた」には5本の動画作品がノミネートされていて、第一次審査は11/30に終了。上位3企画は続編が制作されるそうなので、楽しみに待っときましょう。
http://www.nhk.or.jp/warado/

2017年の2月には優勝作品が決定して、この企画自体の番組がNHK-BSであるそうです。さすがに地上波では無理か。

ねほりんぱほりん「宝くじ1億円当選者」を見て当たる秘訣が分かったような気がする

いやー、今日の人はキャラが濃かったなー。宝くじ云々というよりも。

NHK Eテレ「ねほりんぱほりん」今回放送のゲストは「宝くじ1億円当選者」でした。ちょっと思ってたのと違う方向に行ったな。

もっと、宝くじに当選して、こんな災難に合いました、みたいな話かと思ってたら、意外や意外。当選する秘訣とか、ジンクスとか、そういう当選するまでの過程の話。

いつもの5分のYouTube動画まとめ
→「1億円当せんの秘けつは1日1善」5分で分かる『ねほりんぱほりん』宝くじ1億円当せん者

→「宝くじ1億円当選者」の回テキストまとめ

→今回のおまけは宝くじ1億円当せん者のユキコさんによる直筆の「開運」お守り待ち受け

→一部有料ですが、NHKオンデマンドで観ることも出来ます。

だいぶスピリチュアルだった。一日一善を心がけるとか。なんか、ほとんど宗教に近い。合間にちょろっとでてくるメインのゲスト以外の人達もみんなそんなこと言ってましたね。

今回はこのちょろっとでてくる人達が、タイトルの「1億円当選者」じゃなくて、「高額宝くじ当選者」だった。1億円当てた人探すのは難しいかったのかな。もしかしてそれが2回とんだ理由?

いやいやでも、こういうのって狙ってる人が当たるもんなんですね。なんの欲もない人がふいに当たるもんだと思ってたんですが。

で、狙ってた人生の目標(1億円当選)を達成したからなのか、今回のゲストは強烈なキャラクターでしたねー。どちらかというと「2次元しか愛せない」系の人。でも宝くじのために筋トレするってすごいな。

YOUもぐらに説教したのは初めてじゃないだろうか。

宝くじに挑戦してる人には参考になるかも。宝くじ専門の雑誌があるのも初めて知った。
やっぱ勉強になります。

衝撃の人形劇「ねほりんぱほりん」をYouTube動画で確認してみる

次回は12/7放送予定「痴漢えん罪経験者」。これはなかなかすごそうですよ・・・

ねほりんぱほりん「元国会議員秘書」の回で注目すべき点

11/23放送のNHK Eテレ「ねほりんぱほりん」の訳ありゲストは「元国会議員秘書」。今回は再放送です。

この回は何かと訳ありゲスト「元国会議員秘書」ミナミさんの唯一の癒し、SMAP木村拓哉に注目が集まりがち。

ですが、ポイントはそこじゃない。パンツを洗ったり、葬式チャンスの話もすごいけど、一番のポイントはそこじゃないと思うんです。

今回の5分まとめ動画
→「夜中じゅうはいずり回った選挙戦」by元国会議員秘書

書き起こしのまとめ
http://www.nhk.or.jp/nehorin-blog/sp/100/254457.html

給料ですよ。給料。安すぎやしやせんか。途中でちょっとだけ出てきた男性の秘書さんの年収は、はっきり言って一般企業での最低クラス。この人がどれだけできる人かはうかがい知れないですが、メインで答えていたミナミさんは、相当出来る人ですよね。

でも、「えっ、そんだけ」っていう年収だった。しかも議員さんが落選すると、秘書は減らされる(リストラ)という超不安定な環境。しかもしかも出来る人ほど秘密を守ってコネを作らないので、仕えている議員さんが落選したら、別の議員さんの秘書として再就職するのが厳しいという矛盾。

議員さんの給料もっと回してあげたら、とか素人目には思うんですけど。何かあったら秘書のせいにするんだし。

保育士の回と並んで、プロ職業シリーズともいうべき流れができてきましたね。このシリーズの源流は、今回の本放送シーズンに先立つ に放送されたプレ特番(そのときはまだ番組名は「ねほりんはほりん」だった)での「プロ彼女」

「プロ彼女」とは有名人に狙いを定めてつきあっている女性。

「プロ彼女」の回、見たいけど動画とかもないんですよね。こっちこそ再放送やって欲しいなあ。

次回は11月30日(水)23:00から。「宝くじ1億円当せん者」。待望の新作です。

ねほりんぱほりんについて最初に書いた記事。

衝撃の人形劇「ねほりんぱほりん」をYouTube動画で確認してみる

ねほりんぱほりん「保育士」普通のようで普通でないその異常さの原因は

11/9日放送のNHK Eテレ「ねほりんぱほりん」「保育士」。冒頭で自ら触れてましたが、上層部の圧力により?今回は”普通のゲスト”。

しかし、もぐら達が番組の誇りを取り戻すべく、ゲスな質問をしようとしてますが、しなくても十分に異常です。これはNHKからの問題提起なのか。

5分まとめ動画なんかがある番組ホームページ→

テキストでのまとめはこちらの公式ブログをどうぞ→

とにかく給料が安すぎます。それでいてこの重労働に子供、親のモンスターっぷり。。見ようによっちゃ今までの回で一番異常ですよ。

相変わらず、シモの話も充実してましたねー。もぐらさん達じゃなく、ゲストもNHKっていうことはどこかにいってるみたい。

どうやら”飛ばしすぎた”ようで、次回11/16、次次回11/23は再放送。最初に放送してた「偽装キラキラ女子」「元政治家秘書」。かなりの神回なんで、見逃した人には朗報かな。必見です。

そして満を持して、11/30は「宝くじ1億円当選者」

これは期待できそうだ。

ねほりんぱほりんに出会った衝撃を綴った記事

衝撃の人形劇「ねほりんぱほりん」をYouTube動画で確認してみる

各回を見た観察日記

ねほりんぱほりん「第4回 2次元しか本気で愛せない女たち」まさかNHKで下ネタ連発・・・

ねほりんぱほりん「第5回ハイスペ婚の女」これは違う世界のお話です

「昔話法廷」浦島太郎はゲスなのか、NHK教育で判決を考えよう

「ねほりんぱほりん」に衝撃を受けて以来、NHK教育テレビ(Eテレ)を見直し中のkeinojiです。

今回発見したのは、2015年放送の「昔話法廷」です。おとぎ話で有名な3匹のこぶた末っ子こぶたが殺人?竜宮城の乙姫が殺人未遂?しかも妊娠?アリが保護責任者遺棄致死罪?と昔話らしからぬ物騒な言葉が飛び交うこの番組。

NHK教育テレビの暴走っぷりがすさまじい「ねほりんぱほりん」について

衝撃の人形劇「ねほりんぱほりん」をYouTube動画で確認してみる

どんな番組かというと、身近な話題を通して裁判員制度について、もし自分が裁判員になったらという視点で考えてもらおうというもの。

再放送を期待してしまいますが、この番組はなんと、今でもホームページ上で全話動画が見れます。→

主人公は裁判員制でその裁判に選ばれた一般人という設定。それぞれ検察弁護士がどれも判決が出る前で番組が終わります。判決については視聴者の方で考えてもらおう、というコンセプト。
どうやら、小中学生向けの教材として公開されているようですが。

これ小学生の考える内容か?乙姫妊娠してるんですよ!?

大人でも判断の迷う内容ばかり。新たな事実が出て来ても、状況証拠や目撃者の証言が示されるだけで事実は明かされません。実際の裁判もそうなんでしょう。果たしてその証拠や証言は100%信じていいのか?改めて裁判員の難しさを考えさせられます。

アリとキリギリスのキリギリスが遊んでいたわけではなく、ミュージシャンとして活動してて、その年はたまたま実入りが少なかったとか、浦島太郎と乙姫の色恋沙汰とか、元の話にリアルな色づけをしているのも面白い。

キャストもNHKらしく絶妙なバランスです。元AKB48の光宗薫さんとかね。ホームページでは一般人役のキャストが下した判決が見ることができます。

あと登場人物の造形にも注目です。おとぎ話だけにブタとかオオカミとか動物も登場するのですが、その動物達は着ぐるみで登場します。しかもそれがかわいい系の着ぐるみではなく、妙にリアルになってます。アリとかまるで仮面ライダーの適役みたいな感じ。それが真剣な裁判の場面に出てくるので、非常にシュールな空気を醸し出してます。

ここ、必見ですね。

こういうNHK教育テレビ(Eテレ)のふざけてるんだか真面目なんだか分からないところ、大好きです。

ねほりんぱほりん「第5回ハイスペ婚の女」これは違う世界のお話です

NHK教育テレビ(Eテレ)の問題番組「ねほりんぱほりん」。11月2日放送は「ハイスペ婚の女」。ハイスペ?ハイスペック?昔風でいえば3K男をゲットするってことかな?ゲットするっていうのも古いな。

その前に「ねほりんぱほりん」について熱く語った記事をどうそ。

衝撃の人形劇「ねほりんぱほりん」をYouTube動画で確認してみる

「ハイスペ婚の女」の5分まとめYouTube動画
→「東大以外は人間ではない!高収入男性を追い続けた婚活…その結末は?」byハイスペ婚の女

NHKオンデマンドで11/17まで無料で見られます。(要ログイン)→

今回見るのはかなり覚悟が必要です。何かというと、いつ自分が沸点に達して「ピキーン」とくるかっていうこと。事実番組の中盤ですでに山里モグラさんは2回、YOUモグラさんでさえ1回キレてます。

そりゃそうだ、東大卒以外は人間じゃないっていいきるんだから。じゃーおめーはなんだよ。あっ失礼しました。つい。

毎回ですけど、登場するブタさんゲストはもう別世界の人達ですね。特に今回の「ハイスペ婚の女」。昔からありましたよね、こうゆう人達。

しかし、しかしですよ。このいけすかないあま、いや理想がお高い女性達ですが、考えようによっちゃすごいですよ。理想が高いだけに合コンに参加しても求めるレベルの男はごくわずか。下手な鉄砲も数撃ちゃあたる方式で合コンの数をこなす。

これって目標にむかっていく姿として普通にすばらしい事なんじゃないか。そしてついに東大卒の男をゲットするという目標を達成する。

この情熱を他の有意義な事に向ければ、と思ったんですけどそれは野暮な詮索か。と思ってるとやっぱり番組の最後はそっち方向に話が向いてた。

途中で出てきた、また別の2人のブタさん達は自分もハイスペックで、これからも仕事をバリバリこなしたいという、こちらのイメージを覆す人達。このあたり女性の社会進出といった社会の問題も浮き彫りに。

ねほりんぱほりんって脚本がよくできてますよね。その辺の下手なドラマよりもよっぽどいい。起承転結がしっかりしてて、途中感動させといて最後には落とすとこなんかニクイです。

次回11月9日は「保育士」。あれっ、普通かなって思いますが、なかなかエグイ仕事ですよ。踏み込んで話をきくといろいろでてきそう。

→「保育士」の予告編。あいかわらずのヤン坊マー坊感。

しかし、ひとつ気になることが・・・。公式ホームページで次々回の予告をみると、前に放送した「偽装キラキラ女子」そして、その次もこれまた放送した「政治家秘書」。この2つともなかなかにすごいので見ていただきたいのは、やまやまですが、なぜ再放送?

もしかしたら前回の「元薬物中毒者」の回の時のおまけシールが、削除されたことと何か関係があるんだろうか。さすがになにかやりすぎた?

今回のおまけ「忙しいオトコ演出デスクトップ」

ちなみに今回のおまけ「忙しいオトコ演出デスクトップ」のあほらしさは大好きです。昔からこういうの大好きですねー。

ねほりんぱほりん「第4回 2次元しか本気で愛せない女たち」まさかNHKで下ネタ連発・・・

NHK Eテレの超異端番組、keinoji大注目の「ねほりんぱほりん」ですが、ちょっと異端過ぎるのでしばらく観察日記をつけてみたいと思います。今回は10月26日放送、第4回「2次元しか本気で愛せない女たち」

タイトルからして、いたーいおたく女子が出ると思いきや、今っぽいかわいい女子。いや顔出しNGでブタの人形に扮しているので、分からないですが、山ちゃん&Youのもぐらたちの発言からそうらしいのです。

話の内容も非リア充ぶりを見せつけると思いきや、彼氏の話とかあったりして。この辺も人選段階でのステレオタイプにしないという、スタッフの配慮が伺えます。ま、最後にはあまりの3次元(現実社会)の否定ぶりに山里モグラさんの本気の説教が始まってしまいますけど。

それにしてもですよ。今回の見所はNHK教育テレビ(Eテレ)にして、ここまでエッチネタを見せるのかってことです。内容的にまだソフトかなとは思いますが、半分ぐらいは下半身の話だったのでは。

笑ったのは、とある下半身ネタ(金色に輝く下半身!ってなんなんだいったい)の時にBGMが風の谷のナウシカの「ラン、ランララ、ランランラン」っていう牧歌的な子供が歌うやつにそっくりだったところ。相変わらずギリギリのところ狙ってるなあ。

5分にまとめた動画
→「3次元の男はあきらめた。予想外のことは起きてほしくないから…」by2次元しか本気で愛せない女たち

見逃した場合。1週間以内なら108円払ってNHKオンデマンドという手もある。→

過去の放送についての記事

衝撃の人形劇「ねほりんぱほりん」をYouTube動画で確認してみる

→「第5回 ハイスペ婚の女」観察日記はこちら

今回のおまけは2次元の世界に憧れる番組出演者・アイさんが作った「とあるあるある劇場 BOO×BOO×LOVE」(ねほりんぱほりん公式ブログ)→

そういえば、人形の操作ってNHK教育テレビ(Eテレ)伝統の技。熟練の職人が2人でひとつの人形を操作しているそうで、もう人形浄瑠璃の世界ですな。確かにブタともぐらの演技力はかなりのもんなので、そこも必見です。

衝撃の人形劇「ねほりんぱほりん」をYouTube動画で確認してみる

きてるなー。NHK、しかもEテレ教育テレビ)。これ出演してるの本気でやばい人ですよね。

「ねほりんぱほりん」とは

ねほりんぱほりんがどんな番組か、公式ホームページの説明によると、

「顔出しNGの訳ありゲストはブタに、聞き手の山里亮太とYOUはモグラの人形にふんすることで「そんなこと聞いちゃっていいの~?」
という話を“ねほりはほり”聞き出す新感覚のトークショー。
作りに作り込んだEテレお得意の人形劇と、聞いたこともないような人生の“裏話”が合体した人形劇×赤裸々トークをお楽しみください!

NHKねほりんぱほりん公式ホームページより。
http://www4.nhk.or.jp/nehorin/

ちょっとやばめの一般の人が、かわいいぬいぐるみの姿を借りて、あとちょっと声も変えて本音を語るトークバラエティ。なんですけど、前述の通り、実際やばいですこの人達

つまりは一見はこども向けのぬいぐるみ人形劇みたいな感じ。そう、それこそ教育テレビお得意のやつですよ。

でも、かわいらしさを装いながらも、内容はかなりえげつないという。

「痴漢えん罪経験者」観察日記をUPしました。

ねほりんぱほりん「痴漢えん罪経験者」の回は感動間違い無しの必見神回

「宝くじ1億円当選者」観察日記をUPしました。

ねほりんぱほりん「宝くじ1億円当選者」を見て当たる秘訣が分かったような気がする

→「第6回 保育士」観察日記

→「第5回 ハイスペ婚の女」観察日記
→「第4回 2次元しか本気で愛せない女たち」観察日記

ねほりんはほりんとの遭遇

僕が最初にみたのは「偽装キラキラ女子」の回。なぜだか再放送やってたんですよね、深夜に。なにげなくテレビを見てたら、ブタもぐらツイッターとかSNSの話をしてて、なんだろうなあと軽い気持ちで視聴続行。

そしたら、どんどん話の内容がディープできわどくなっていく。あるお店に行った時、ドリンクしか飲んでないのに、SNS上では食事やデザートまで食べたように見せる方法とか、そもそも行ったことのないお店に、さも行ったように見せる技術とか、わざとプチ炎上させてフォロワーを増やす話だとか。

その頃には外見のかわいさとのギャップで、テレビはすでに何ともいえないシュールな空間に。

いえば、セサミストリートで、18禁とまではいかないまでも、大人の裏側的な会話をしてるようなもん。(実際以前の放送、有名人相手のプロ彼女の回とかではNHKらしからぬイロのついた話もあったらしい)

これはきてるなーと思って見てたら、
ヤン坊マー坊みたいなアニメーションがあって人間予報というタイトルの次回予告。次回のゲストは元薬物中毒者

これはやってくれたな、NHK Eテレ(教育テレビ)。

ねほりんぱほりんのYOUTUBE動画を見てみる

それが昨日放送だったんですけど、やっぱり、期待に違わぬえげつさ。いきなり出だしチャゲアスの歌が・・
ぎりぎりのところでやってくれてるじゃないですかNHK。
とりあえずNHKがまとめた動画があるので見てみましょう。残念ながらチャゲアスのくだりは入ってないですけど。

ねほりんぱほりん/元薬物中毒者の回のまとめ

動画を見る→

この5分間に凝縮されてますが・・・。濃い、ひたすら濃厚な時間でした。うん薬物はよくないよ

その他の回の5分まとめYouTube動画もあります。

→「港区わがままOLは関西在住!」by偽装キラキラ女子

→「夜中じゅうはいずり回った選挙戦」by元国会議員秘書

→「3次元の男はあきらめた。予想外のことは起きてほしくないから…」by2次元しか本気で愛せない女たち

→「東大以外は人間ではない!?高収入男性を追い続けた婚活…その結末」byハイスペ婚の女

ヤン坊マー坊天気予報みたいな、ヤバめな番組予告。
→『ねほりんぱほりん人間予報』~ねほりんぱほりん♪番組紹介ソング♪

フルで見たい場合はNHKオンデマンドで見逃し配信してます。
http://www.nhk-ondemand.jp/program/P201400124100000/index.html

途中の演出もまじめなのかふざけているのか・・・。ヤンマー風の次回予告(人間予報)もそうですが、この辺の演出もぜひ見逃したくないところです。
このまじなのかふざけているのかのギリギリのラインというのが番組公式ホームページ上でも貫かれていて、例えば公式ブログで交付している、薬物防止ステッカーとか。
↑やっぱり、かなりぎりぎりだったみたいでお詫びと共に削除されちゃってます。

こちらもシュールなねほりんはほりん公式ブログ→

意外なものとの関連性

この「マジかふざけてるか」のキーワードででふと思い出したのが、昨日紹介したアイドルユニット、清竜人25

清竜人25 / My Girls♡

かたや、大人のディープな話をかわいいぬいぐるみに語らせる。かたや、一夫多妻制のアイドルグループ。どちらも「マジかふざけてるか」ぎりぎりのボーダーラインで視聴者を当惑させます。
しかし、「ねほりんぱほりん」は結局そんなこんなしながらも最後は“いい話”に落とすし、清竜人25の楽曲で描かれるのは男女の揺るぎない信頼関係だったりします。

この2つに共通するのは、まっとうなメッセージを伝えるための「照れ隠し」なのかもしれません。

今後の展開

次回は12/14放送予定、またまた再放送ですが「元薬物中毒者」名作です。

その次12/21は新作らしいので楽しみ。

おすすめ音楽

さらに詳しく→

DTMやってます

さらに詳しく→

あの曲の元ネタを探せ!

さらに詳しく→

このテレビが面白い!

さらに詳しく→