やっぱ音楽って・・・

Windows10 Anniversary UpdateはタブレットPCには入れないが正解

トラブってんなら、勧めんじゃねーよ。

いきなり失礼しました。しかし、怒り心頭なのです。何に。Windows10 Anniversary Updateというやつです。

特に、タブレットPC、特にHD容量が32GBで、microSDとかで容量不足をおぎなってる人。要注意です。

何が起こるかと言うと、Windowsのシステムがフリーズします。もう再起動しまくりです。しかも物理的に。スイッチを何回も押してます。

これはMicroSoftも認めてます。認めていながら、いまだ具体的な対策がありません。

「Windows 10 Anniversary Update」は条件が揃えばフリーズする

当時のニュースサイトから

「Windows 10 Anniversary Update」でフリーズのおそれ–MSが一時的な対策を公開

「Windows 10 Anniversary Update」をインストールした後に一部のシステムがフリーズする原因不明の問題に対し、Microsoftが回避策を公開した。

数週間前にリリースされてから、このアップデートに関連する広範囲にわたる問題は発生していないが、Microsoftは、アップデートによって一部の端末がフリーズするという少数の報告について調査しているという。

CNET JAPANより http://m.japan.cnet.com/story/35087486/

いったん入れたアップデートを削除しましょうって

という訳で、HD容量の少ないタブレットPC(32GBとか)を使ってる人はアップデートしないように

8月ぐらいから配布開始して、直後くらいから質問してる人がでてるのにこの有り様。普通ならもうアップデーターの問題点を修正してアップし直してるはずですよねえ。そうじゃなきゃ、せめて対策のバッチとか。

というか、問題点がそのままなら、涼しい顔して”最新版にアップデートしましょう”っていうんじゃねー。

この問題はどうやら、容量不足でアプリなどをシステムと別のディスクにいれてると起こるようです。

なので、HD容量が普通にあるPCではまあ起きないでしょうね。ハードディスク容量が64GB以上なら、まあ入るでしょうが、それでも容量がすくないんで、将来的にアプリを別ディスクに入れていくことになっていくと思うんですけど、そうなるとそのアプリを立ち上げるとフリーズ・・・。

つまりは昨今増えてきたタブレットのWindows PCに対応できてないってことです。まったく。

たしかに最初インストールしようとした時にハードディスクの容量不足ですってメッセージが出て、そこから先、作業が進まなくなるんです。そこでやめとけばよかった・・・・。しかし、こんなに勧めるんだし、このアップデートは必要なのに違いないと思って、本体(Cディスク)以外(増設したMicro SD)でもインストール可能な方法で、わざわざUPDATEしたのに。

本体容量32GBでも、Micro SD増設でなんとかなった話→

問題の複雑化

今回最大の難関だったのが、このトラブルについて非常に調べにくかった、ということです。最初はアニバーサリー アップデートという名前も知らず、ただ単にWindows10 Updateで調べてました。

しかし、今回の件はWindows10のマイナーアップデート。かたやWindows 8→ Windows 10への移行もアップデートです。そうです、話題が大きかったこともあり「Window10 アップデート」といえばWin8→Win10のことばっかりがネット検索で出てきたんです。

ないなー、と思いながらも、なんとかマイナーアップデートとかいれると出てくるようになりました。よかったよかった。

でも結局なんの具体的対策はなく、アンイストールがMicrosoftが推奨する解決法でした。解決法か、これ。

対策

入れないのが一番ですが、もし入れてしまったら、上のニュースにも書いているとおり、

1、セーフブートで立ち上げて、設定から「前のバージョンへの回復」を選びます。

2、通常に立ち上げて、設定メニュー→回復→前のバージョンへの回復

どちらでもいいですけど、フリーズしまくると言うことを考えると、セーフブートだとフリーズしないのでそちらがいいかもしれません。しかし、Windowsに慣れてないkeinojiはセーフブートっていうのが、なんとなく怖かったのと、元々キーボードのついてないタブレットでそれをやるのがやりにくそうだったということで、2の方法をとりました。

しかし、2、の方法は「前のバージョンへの回復」にたどり着くまでが大変。フリーズしまくるんで再起動しまくりで、なかなかたどり着けませんでした。でもまあ、なんとかたどり着いて無事、元のバージョンに復帰。それからは快適に使えてます。もどってよかった。

そもそもなんですが、このWindowsタブレット、今はほとんどDTM作業に使っていて、ネットにつなげると言うことがほとんどないとはいえ、8月にあったアップデートに今気がつくとは・・・

※注
ここでAnniversay Updateって言っているのは、ネットで調べた結果、直近のWindows10 UpdateがAnniversay Updateであり、同様の問題が起こっているからです。アップデート作業中に「これはアニバーサリー アップデートです」という表示というか、確証はありませんでした。

DTMを始めるために~PC編2 容量拡張大作戦

さて、8インチのWindowsタブレットLenovo miix 2 8を使ってDTMをすることに決めた訳ですが、
Lenovoに決めた時の記事→

まずは一番の問題点、容量の少なさをなんとかしなければいけません。

なんてったってHDの容量が32Gですから。すでに1Gぐらいしか空いてません。

幸いにもmiixにはMicro SDのスロットがあります(というかそれしかありません)。Micro SDにガンガン、アプリを入れれるようになれば、使い道がグッと広がります。

しかしながら、外部記憶容量であるMicro SDには本来アプリはインストールできません。

では、どうするか。

調べてみると3つほど方法がありました。

1、VHD(バーチャルハードディスク)を使う

2、シンボリックリンクを使う

3、ジャンクション機能を使う

これは実は事後記事なのですが、自分はどうやら、3のジャンクション機能を使ったみたいです。

こちらのサイトを参考にしました。
http://funlike.org/wp/archives/11693

しかし、VHDはいいとして、シンボリックリンクとジャンクション機能は違いが良く分からないなあ。

その辺の違いについては下記ページで詳しく検証されてます。
http://d.hatena.ne.jp/adsaria/touch/20100712/1278930723

ジャンクション機能のほうが使いやすいってことかな?

ちなみにVHDの方が、使える容量が多かったり、ややこしいパスの問題が無さそうですが、立ち上げる度にマウントしないといけないとかあるみたいです。一長一短ですね。

で、自分が使用した(と思われる)ジャンクション機能の手順を簡単に記しておくと

・Micro SDをNTFS形式でフォーマットする。

・ドライブCに空フォルダを作る

・コンピュータを右クリックして出てくる「管理」➡「記憶域」➡「ディスクの管理」

・ボリュームがずらっと出てくるので「D:」(Micro SD)を右クリック

・「ドライブ文字とパスの変更」➡「追加」➡「次の空のNTFSフォルダにマウントする」と進む

・最初に作った空フォルダを選んで、名前をつけて保存。

以上。

ふう。

上記手順は全て、Funlikeさんのページを参照しました。
http://funlike.org/wp/archives/11693

とりあえず何個かインストールしてみて気づいたのは、いつものProgram filesとは違って、予めフォルダを作っといてやらないといけないことか、どうしても「C:」にしかインストールされないものがあるとか。

ddrive
こんな感じに「:D」がmicroSDの形になってます。microは自分でつけた任意の名前です。「:C」の中に作った空フォルダも同じmicroSDマークになってます。
さっそく、Studio one primeを入れたんですけど、だいぶ容量ができました。

一応、今のところStudio one primeを入れて使えてます。基本的に容量の少ないタブレットをハードに使うには、必須科目じゃないでしょうか。

もし、最悪おかしくなったらWindows10て入れ直すことってできるんでしょうか。

DTMを始めるために~PC編

DTMを始めようと思い立ったものの、何から始めていいか分からない。なにせ、そっちの経験ゼロですから。

普段使っているのがMacなので、その昔、入ってたGarage bandをいじったことがあるっていうのがかろうじての経験といえば経験。それもマシンのスペックがショボかったのか、すぐに固まるようになったのでいつしか使わなくなり・・・。

Garage Bandには結構カルチャーショックでした。パソコンだけでここまでできるのかと。「打ち込み」というイメージからの思い込みよりはずっとずっと音がいい。全然ピコピコって感じじゃない。そもそもそういうイメージを持つ自分が古すぎるんですけど。

ハードに関しては、今回はMacではなく、去年なぜか手に入れたWindowsタブレット、Lenovo miix 2 8を使うことにします。空いてる時間を有効活用して、音楽を作るっていうのが今回のコンセプトですから。そもそもLenovoも空いてる時間を有効に使おうと思ってのことからなんですね。これがあるから、DTMしようという気持ちになったこともある。家にいなくてもできますからね。

タブレットPCって軽くて持ち運びが楽という最大のメリットがあるわけですが、その反面デメリットが・・・

そのデメリットを軽く挙げてみると、

・内蔵HHDの容量が極端に少ない。
最大のデメリットはこれでしょうな。しかも買った当初、そんなにハードワークさせる気がなかったので、ケチって32Gの方を買ってしまいました。なんと残り容量1G。
➡このままではできないので64GのMicro SDをぶちこんで使用中。

・興味本意でWin10にUpdateしてしまった。
もともとは8.1でした。はたしてアプリが動くのか!?

・8インチタブレットはさすがに小さすぎて操作が大変。
軽くて小さいことの裏目に出ましたな。DTMはマウスを使う細かい作業が多い。それをこの小ささでは指がプルプルしてしまいます。しかし、これは耐えるしかない。

・入力端子がMicro USB一口のみ。
タブレット、そしてWin8以降だとタッチパネルなのですが、タッチパネル操作のみではほぼ操作不可能。マウス、キーボードなど必要なのですが・・・まあBluetooth対応のでなんとかするか。

メリットはどこへでも持ち出せること。しかし、一番時間がとれるであろう通勤の電車のなかでの操作は無理かな。

とりあえずは一番の問題である容量はなんとかなったので、これでいこうと思います。

おすすめ音楽

さらに詳しく→

DTMやってます

さらに詳しく→

あの曲の元ネタを探せ!

さらに詳しく→

このテレビが面白い!

さらに詳しく→