やっぱ音楽って・・・

Pet Shop Boysを聴いてふと頭をよぎったNegiccoの「愛のタワー・オブ・ラブ」

今日は久しぶりの「元ネタを探せ」。昨日の記事に書きましたが、TBSラジオ、ライムスター宇多丸のウィークエンドシャッフル「80s POPSとはいつからいつまでか特集」を聴いていて、突然目の前に現れた“意外な出会い”について。

10/22ウィークエンドシャッフル特集「80sポップスとは・・・」を聴いて

西寺郷太氏のかける曲を聴いて「あっ」と思ったこの曲。

Negicco / 愛のタワー・オブ・ラブ

2013年2月リリース、Negicco11枚目のシングル。この曲プロデュースは言うまでもなく我らがNONA REEVES、西寺郷太。この後、小西康陽田島貴男などの豪華プロデューサーが続く1発目の曲。アイドルらしからぬ大人の雰囲気溢れるクールなダンスチューン。

昨日のラジオで西寺郷太が1986年を代表する曲としてあげた1曲。そしてもっとも好きな曲とも言及してた・・・

Pet Shop Boys / West End Girls

おー、これかー。バックに白玉で流れるシンセ、シンセベース、そしてAメロの進行。特にバックのシンセの音はぽいですねー。(ちなみにエンディングのシンセベースがやたらかっこいい)そしてドラムが2拍4拍のスネアを強調するあの時代感。あんなに散々聴いてたはずなのに、気がつかなかったー。

「愛のタワー・オブ・ラブ」は聴いた時から、なにか懐かしい感じがするなあとは思ってたんです。それとちょっとした違和感。今思うとこの「80sの洋楽感」ですな。

しかし、センス良い使い方しますよねー。さりげないけど、曲の良い雰囲気の要素をドバドバ注入してる。それにしてもこんなにハッキリ使ってて気がつかなかった自分にも問題は大ありですが。

ポップマエストロ西寺郷太師に曲を提供してもらうだけでも贅沢なのに、師の一番大事な曲をちりばめて作ってもらうなんてNegiccoは幸せもんだなあ。そこにはやっぱりそうさせてしまうNegicco達の人柄も大きいのでしょう。

そして、師も気持ちよく仕事ができたからこそ、またまたNegiccoをプロデュースして「ときめきのヘッドライナー」という名曲に繋がっていくのだと思います。

おすすめ音楽

さらに詳しく→

DTMやってます

さらに詳しく→

あの曲の元ネタを探せ!

さらに詳しく→

このテレビが面白い!

さらに詳しく→