ザ・たこさん、イロモノのようで実は正統派ファンク

20160915_225828

大阪が誇るファンク国宝、ザ・たこさん
なんといっても、その煽りまくりのステージパフォーマンス。絶対楽しいでしょっ、ていう阿鼻叫喚のライブの模様をまずはどうぞ。

あー、直に体験したいなあといいつつ、まだ未経験だったりします。直近のなにわブルースフェスティバルもどうやら行けなさそうだし。

煽りについで、すごいのが歌詞(笑。
かっこいい横文字に隠された超下品な歌詞。まあ、男の繊細な妄想を歌ってるといえなくもないですが。

では、さらに身も蓋もないこの曲を。

このブログでは、あえて詳しくは説明しません。「これ」について歌ってるのはこの曲だけでしょう。紳士な男性諸君ならお分かり頂けたと思うのですが。

淑女なレディと一部のいたいけなボーイ達、どうしても気になるなら、自分で検索してください。その時、回りに人のいないのを確認するのは必須です。

でも、サウンドは正統派ファンクでしょ。

Make it Funkyとか、Blowとかファンクでは定番のフレーズに、イロイロ紛れ込ましてますけど。しかし、New York(入浴)ってベタすぎる・・・

と、ここまではネタ的に書いてきましたが、ザ・たこさんの本当の魅力は実は音楽性、ファンク度の高さにあります。

JB直系の正統派ファンクサウンドなんですが、ザ・たこさんてボーカル、ギター、ベース、ドラムの4ピースバンド。そう、キーボード、ホーンなしでがっつりJBsなところを見せてる訳です。

これには同じ大阪発祥のオオサカモノレールもビックリ。バッキングがギターだけでここまで盛り上げるとは・・・煽りもあるけど・・・

小バンド編成でもドファンクはできるんだということを知らしめてくれました、たこさん。しかもロック要素は全くなし。

さっきも触れたようにお馴染みのフレーズやマントショーなどファンク好きがにやりとする部分も多くて、とにかく好きな人は細かく楽しむ、そうでない人も煽りで十分楽しいザ・たこさんです。

そんなザ・たこさんのNewアルバムが出ます。3年ぶり6枚目。タイトルは「カイロプラクティック・ファンク No.1」10/5発売。
多分最近話題騒然の豆マメソングも入ってると思います。

そして、年に一度の誕生祭、「無限大記念日」。ザ・たこさん主催のフェスが開催されます。

ザ・たこさんの無限大記念日4

日程:2016年10月9日(日)

場所:Zepp Namba(大阪)

これ、参加バンドも超豪華。
金子マリ+韻シスト」なんていいに決まってるし、「LowLows (QUNCHO ジュリアン 正木五朗) feat.上田正樹&有山じゅんじ」ってサウス トゥ サウスやんか!

詳細はオフィシャルサイトのライブ情報へ。
http://www.the-takosan.com/live.php

レコ発やなにわブルースフェスティバルなども要チェックです。

————–

ザ・たこさんのアイアンクローシリーズ〜無限大記念日追撃戦&6thアルバムレコ発〜

日程:2016年10月13日(木)
会場:渋谷クラブクアトロ

なにわブルースフェスティバル

会場:なんばHatch(大阪・難波)
日時:9月17日(土) / 18日(日) OPEN 16:00 / START 17:00
※ザ・たこさんは、18日(日)に出演予定

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このブログの人 :keinoji

keinoji_pic

もともと音楽好きですが、何故か、
ふいにDTMをはじめてみました。
これを機にもう一度音楽を見つめなおしてたところ
・・・やっぱり音楽って素晴らしい!
って思ってブログにしてみました。
と言いながら音楽以外のことも書いている、
ただのおっさんの日記です。

→詳しいプロフィールはこちら

内容に関するお問い合わせなどはこちらのメールフォームからお送りください。
→けいのじへのメール

ランキング参加しています↓
よろしければプチッと応援お願いします。
にほんブログ村 音楽ブログへ