やっぱ音楽って・・・

山下達郎/甘く危険な香りがCurtis Mayfield / Tripping outを元ネタにしていない、いやむしろ逆ではないか

山下達郎/甘く危険な香りがCurtis Mayfield / Tripping outを元ネタにしていない、いやむしろ逆ではないか

新年1発目(にしようと思っていた)の記事は、このブログのメイン記事、元ネタ探検隊。しかも大ネタに挑みます。(いや、このブログの本来の目的はDTM制作日記なのですが・・・)

甘く危険な香り / 山下達郎

そしてこの元ネタ曲として有名なのが、

Tripping out / Curtis Mayfield

いやー、いい曲だー。確かにこのベースラインを使って曲を作りたい気持ちは分かります。事実、そういう曲もたくさんある。もうここまでくると、ソウルR&Bの定番リズムパターンといえなくもない。そのなかで山下達郎の曲は先駆けになったのは事実でしょう。

で、この元ネタ関係は有名なわけですが、ここで達郎氏から「甘く危険な香り」制作時に「Tripping out」は知らなかったという発言があったらしいのです。

今回はその件について、じっくり検証してみたいと思います。

まずは元ネタと思われるのはどの辺か、というと。

とりあえず、ベースラインが同じということ。

そして時系列で考えると。

「甘く危険な香り」はシングルで1982年リリース

一方の「Tripping out」は1980年リリースのアルバム「Something to Believe in」収録曲。時系列的にはちょうどかな。

さて、ここから深くほりさげますよー。

元ネタとは違う、という証言について。

「甘く危険な香り」は”シカゴソウルを目指して”作られたという記事を見たことがありますが、これは微妙に違います

達郎氏がカーティス メイフィールドやシカゴソウルを敬愛していて、一時期目標にしていた、というのは事実だと思うのですが、それは「It’s Poppin Time」の頃です。

この名ライブアルバムには、当時、達郎氏がいかにシカゴソウルに傾倒していたかがくっきりと刻まれています。ジャズ的なコード、フィル アップチャーチばりのギターのボリューム奏法、そして細かく跳ねるドラムとまるでウィリー ウイークスなベース。ここにパクリはないですが、サウンドは非常に肉薄しています。ダニー ハザウェイ「Live!」と一緒に聴くと「おおっ」となるはず。

「It’s Poppin Time」は1978年の録音(発売)。対して、カーティス メイフィールドがソロになって問題作を連発していたり、先程のダニーハザウェイの「Live」が録音されたのが1970年代前半。

1970年代後半にはシカゴソウルは次第に失速しはじめ、Curtis Mayfieldも特徴であった政治的メッセージがなくなり、男女の情愛を歌うようになってきて、曲調もゆったりとしたバラードが多くなってきます。

そしてたどり着いた「Tripping out」。究極にシカゴソウルを研究し尽くした山下達郎が期せずしてカーティスと同じ境地に到達したとしても、それは不思議ではないのでは?

達郎氏は80年代以降のカーティス メイフィールドは好きではなく、「Tripping out」も聴いてなかったらしい。

しかししかし、

今回の記事のポイントは「It’s Poppin Time」にも収録されている「Paper Doll」という曲。

山下達郎/Paper Doll

むむっ。このベースラインは。
「Paper Doll」は山下達郎の次のアルバム「GO AHEAD!」のために書かれた曲で、なぜかその前のライブアルバムに収録された。

ということは、「Paper Doll」が1978年で、「Trippin Out」が1980年。ではこれは逆にカーティスが・・・。

いやいや、そんなことはないでしょうが、これは真摯にリスペクトする音楽を追求する中で出てきたことだと思います。好きすぎるあまり、本家が作るリズムパターンを先に作ってしまうという。好きなミュージシャンを研究したあまり、同じような地点に到達したっていうのはミュージシャンとして究極の喜びじゃないでしょうか。

もしかしたら、両者に共通する元ネタがあるのかもしれませんけど。

URL :
TRACKBACK URL :

  • コメント ( 2 )
  • トラックバック ( 0 )
  1. とても面白かったです!

    「共通の元ネタ」としてこの曲あたり怪しくはないでしょうか?
    Pointer Sisters/Yes We Can Can(1973)
    https://www.youtube.com/watch?v=Db-uqKLH-Bw
    ちなみに作曲・アレンジはアラン・トゥーサンです

    • ありがとうございます。アラン トゥーサンも影響力強いですからねー。情報提供助かります。この辺のチェック怠ってました。それにしても、このリズムは調べがいがありそうです。

*
*
* (公開されません)

おすすめ音楽

さらに詳しく→

DTMやってます

さらに詳しく→

あの曲の元ネタを探せ!

さらに詳しく→

このテレビが面白い!

さらに詳しく→